大人の女性になるための、ひな人形を理解しよう

笑っている二人の女の子

男の子のために

五月人形とは、端午の節句に飾られる人形の事を言います。端午の節句とは日本に昔からある行事の一つで、男の子の健やかな成長を願うというものです。五月人形を飾ったり、柏餅やちまき等を食べてお祝いをします。 五月人形は鎧兜や刀を身に着けた男の子の姿をしている物が多いです。それ以外にも、金太郎や武蔵坊弁慶を象っている物も少なくないです。鎧兜は戦の時に男子の身を守る物です。この事から鎧兜を飾る事で、男の子をあらゆる災いから守ってほしいという願いが込められています。また、五月人形以外にも立身出世の願いを込めて、こいのぼりを飾る事も多いです。 ちなみに、このような端午の節句が行なわれるようになったのは、鎌倉時代頃からだと言われています。

前述したように、五月人形には様々な種類があります。中でも鎧兜や刀等がメインになっている種類の物が多いです。また、その種類の中でも鎧兜等だけの物や、それらを男の子の人形が身に着けている物といった種類があります。 それ以外の種類としては、金太郎や武蔵坊弁慶等といった、歴史上において有名な人物を象った物等もあります。 このような人形を床の間等に飾る事になるのですが、飾り方も平飾りか段飾りかという違いがあります。平飾りは飾り台が一段のみの物で、ここに鎧兜等を飾ります。段飾りとは飾り台が三段くらいになっている物で、一番上の台に鎧兜等を飾り、残りの台に陣太鼓や軍扇等を飾ります。 また、近年ではガラスケースに入っているタイプも人気となっています。飾りやすく、埃が付きにくい等のメリットがあります。